新得町を原木しいたけの町に

それが私の夢です

佐藤農園 佐藤 幹也

2011.04.21 北海道日刊スポーツ新聞社 記者様の編集後記より

 

佐藤さんを紹介していただいた宿の夕食で「しいたけずくし」をいただいた。

驚いたのは「しいたけのフライ」。

身が厚いため、肉やアワビのような食感。普段食べているしいたけは、いったい何だったのだろうと思うほどの違いを感じた。
原木しいたけを栽培しているビニールハウスにも連れて行っていただいた。

そのよこに、広い浴槽のような場所がある。90センチの原木を1本ずつ、この水につけ込む作業もあるそうだ。

菌床栽培に比べ確実に収穫できる保証はない。

しかし、手間暇がかかっている。昔ながらの原木栽培法が減少した理由だ。

それでも佐藤さんには続けてほしい。

情熱を懸けて育てたしいたけは、素晴らしかった。

本当に機会があれば1度、食べてみてほしい。

過去に出会った「しいたけ」との違いに思わず笑っちゃうと思うので。

 

North Style様掲載記事より

http://www.northstyle.jp/features/detail.asp?id=137

=